SOMAについて

サークルの活動のイメージ

上智大学AI研究サークル"SOMA"は、「AIとさまざまなソフトウェアを結びつける」ことをテーマに、AIに加え、VRやWeb、ゲームプログラミングなどの分野を扱っています。

上智大学を拠点として活動するインカレサークルで、ソフトウェアに興味のある学生が集まっているので、テクノロジーのこれからについて語り合える場です。

トップメッセージ

代表のはじめんの画像

HPをご覧いただきありがとうございます。

SOMAは「学生が」「主体的に」「自由な発想を持って」、AIを中心としたさまざまなソフトウェアの研究、開発を行う場として設立し、日々活動を行っています。また、メンバーのみではなく外部の学生や社会に向けてもAIの面白さや将来性を伝えていきたいと考えております。

SOMAでは学習することによる基礎知識習得よりも、その知識を用いてどのような「モノ」を作るのか、問題に対応するのかという実践によるアウトプットを主に活動を行なっています。「主体的」で「自由な発想」を持った活動を重視するからこそ、団体として複数人でやることの意味が生まれてきます。

年に1回開催される一大イベントの「Project SOMA」は複数人でプロジェクトを進行することで個人の能力を足し合わせたもの以上の開発ができる場です。また、プロジェクトでは実際にコードを書く以外にもアイデアの立案やプレゼンの作成、タスク管理、プロジェクトマネジメントなどを大学・文理問わず様々な人が協力して進行させています。

SOMAを通して一人でも多くの人にAIを知り、学んでもらうことでより良い未来に貢献していきたいと思います。 少しでもSOMAに興味を持っていただけた方は、是非ご連絡お待ちしております!

SOMA代表 高山創
代表の井上の画像

SOMA会長の井上峻輔です。メンバーが主体となり、AIを使ったクリエイティブな開発を行うことがこのサークルのビジョンであり、「AIと様々なソフトウェアを結びつける」をテーマに日々活動しています。

AIは多くの可能性を秘めています。AIはデータがあれば作れます。しかし、「AI」だけで完結してしまったら、AIの可能性を最大限に引き出せるのでしょうか?サークルとして、チームとして、AIの研究を行うことには理由があります。複数の人たちが力を合わせた時、新たなアイデアや可能性を導けるのです。

もし私たちの活動と関連することに興味を持っている人がいるのなら、きっとSOMAでは良い仲間が見つかります。「自分たちが、自分たちの力で」一つのものを完成させることの楽しさを共有できることも、このサークルの良いところです。

「AIに興味がある」人に限らず、「プログラミング に興味がある」人、「プログラミング はわからないけど、自分の『好き』を『モノ』にしたい」人、ぜひ私たちと活動しませんか!

SOMA会長 井上 峻輔
学生よ、集い、学べ。 CONTACT